ワキ毛 処理

MENU

ワキ毛処理の歴史

現代日本人である私たちの感覚では、女性にとってワキ毛が見えるのは恥ずかしいことという感覚があるかと思います。ワキ毛処理のための道具も様々なものが販売されていますし、ワキ毛脱毛のためのエステサロンも多く展開されています。

 

しかし、昔は現代のような便利なワキ毛処理のための道具はなかったでしょうし、ましてやワキ毛脱毛をしてくれるエステサロンなどはもちろんなかったでしょう。

 

では、ワキ毛処理はいつごろから広まっていったのでしょうか。

 

ムダ毛処理の歴史は深いものです。平安時代、貴族の女性は頭や額の形を美しく見せるために顔や頭部のムダ毛を処理していたようです。

 

江戸時代、吉原の遊女たちは陰部の毛を処理していたとされています。しかし、ワキ毛処理の歴史は実は浅いのです。

 

日本人はもともと和装をしていましたので、日本人女性にとってワキを人に見せる機会はあまりなかったと考えられます。

 

したがってワキ毛を処理しようという概念もありませんでした。戦後になり、洋装が広まるにつれてノースリーブのワンピースや水着を着るようになり、アメリカ女性の影響かワキ毛処理をする女性がでてきました。

 

しかしこのような服装は都市部の若い女性のみの文化でしたので、一部の限られた人間の間だけで行われていたようでした。日本が豊かになり、地方の女性もノースリーブのワンピースなどを着るようになってワキ毛処理が広まっていったのは、高度成長期ごろのことになります。

 

現在では、女性のみならず一部の男性でもワキ毛処理をするようになってきました。